開発環境のセットアップ(Windows)

WindowsでのGo開発環境をセットアップ手順です。
今回エディタ(IDE)は、Visual Studio Codeを使ってみます。
#拡張機能でGoに対応しているようなので。

Goのインストール

下記Go公式サイトからGoのインストーラーをダウンロードします。

https://golang.org/dl/
#Windows向けは.msiのファイルです。

あとは、ダウンロードした.msiファイルを実行します。
#全てNextで進めていけばOKです。

インストールが完了したら、環境変数を設定します。
GOROOTはインストール時に自動で設定されますが、GOPATHが設定されていないので、それを設定します。

変数
GOPATH設定したいディレクトリのパス(例:c:\work\go)
Path%GOPATH%\bin を追加


GOPATH配下にはGoで取得したライブラリやツールが配置されるのと、基本的に開発ソースもここに配置します。
なので、Go用の作業ディレクトリという認識で良いかと思います。

GOPATH/
     ├ bin/ Goのツール類
     ├ pkg/ パッケージ(ライブラリ)
     └ src/ ソースコード



Gitのインストール

Goのコマンド中にはGitを使用するものがあるので、Gitがインストールされていない場合は、Gitもインストールしておきます。
下記からGit for Windowsをダウンロードします。

https://git-for-windows.github.io/

インストールが完了したら環境変数(Path)を確認し、Gitが無ければ設定します。
#Pathは、「C:\Program Files\Git\cmd」もしくは「C:\Program Files\Git\bin」

Visual Studio Codeのインストールと初期設定

今回エディタとして使用するVisual Studio Codeのインストールです。
まずは、下記公式サイトからインストーラーをダウンロードし、インストールします。

https://code.visualstudio.com/download

インストールが完了したら、ここまでの環境変数の変更を反映する為、PCを再起動しておきます。

再起動を終えたら、Visual Studio Codeを起動してみます。
起動したらまずは、Go用の拡張機能をインストールしておきます。

vsc001.png


拡張機能を「Go」で検索して「Go」という名前のものです。
インストールできると下記のようになります。

vsc002.png


ここまできたら、さっそくコードを書いてみます。
ファイル名は何でも良いので、とりあえず「test.go」というファイルでコードを書き始めると、下記のような通知が出てきます。

vsc003.png


通知内容としては、「gocodeというコマンドが利用できない」とのこと。
横に「Install All」と出ていると思いますので、それを選択します。
すると、下記のように必要なコマンド類をまとめてインストールしてくれます。
#この時Gitを使用してインストールを行っている為、Gitコマンドが使えないとインストールされないのでご注意を。

vsc004.png


ちなみにインストールは、上で設定したGOPATH配下にインストールされます。
これで再度コードを書き始めると、下記のように入力補完などが動作するようになります。

vsc005.png


Goのプログラムを動かしてみる

では、定番のHello Worldを動かしてみましょう!
コードは下記です。test.goなどのファイル名で保存します。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("Hello World!\n")
}


できたら、ターミナルから実行してみます。
Visual Studio CodeからPowerShellを呼び出せるので、そこから実行できます。

vsc006.png


実行コマンドは下記です。

go run test.go

vsc007.png


無事にHello World!が表示されれば完了です!
お疲れ様でした。m(_ _)m